/

この記事は会員限定です

現職の河村氏が出馬へ 4月の名古屋市長選 

減税やコロナ対策焦点に

[有料会員限定]

名古屋市の河村たかし市長(72)は19日、任期満了に伴う市長選(4月11日告示、25日投開票)に4期目を目指して立候補する意向を明らかにした。市民税減税や名古屋城の木造復元構想、新型コロナウイルス対策など河村市政12年の評価が争点となる。

市長選には市議の横井利明氏(59)=自民党を離党=、市民団体役員の尾形慶子氏(63)が出馬を表明している。市議会で河村氏と対立する自民党、旧民主党系、公明党の各...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン