/

接種券届けばワクチン予約可能に 名古屋市の55~59歳

名古屋市は19日、55~59歳の新型コロナウイルスワクチンの予約開始を前倒しし、同日発送した接種券が手元に届き次第、予約できるようにすると発表した。当初は基礎疾患のある人を除き、予約開始日は26日だったが、集団接種会場に空き枠が多くあることから早めた。

市によると19日午前8時時点で、7月の集団接種の予約枠に対する実際の申込状況を示す予約率は57.5%、大規模接種会場のパロマ瑞穂スタジアムは33.4%。12日から60~64歳の予約受付を始めたが、担当者は「思ったほど予約が入らなかった」と話す。前倒しすることで、予約の空きを埋めたい考え。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン