/

トヨタ、五輪関連国内TVCM見送り 最高位スポンサー

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

トヨタ自動車は19日、東京五輪に関連する国内でのテレビコマーシャル(CM)を見送る方針を明らかにした。トヨタは東京五輪の最高位のスポンサーとなっているが、大会開催や運営に関わる混乱で「理解されていないことがある」(トヨタ)として、CMを流さない。開会式など公式なイベントにも豊田章男社長含めたトヨタ関係者は出席しない方針も示した。

トヨタは当初から五輪向けの企業PRを目的としたCMは予定しておらず、トヨタグループ所属の選手を応援する内容を紹介する自社サイトへの誘導CMを検討してきた。ただ、今回、大会開催延期や観客を巡る問題で、東京五輪の運営に社内外から疑問の声が上がっていることを踏まえ、自社サイト「トヨタイムズ」に誘導するCMも取りやめる方針だ。

一方、トヨタは選手ら大会関係者の移動のための車両はほぼ当初計画通り提供する。電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)など3340台を提供する。競技会場でも小型ロボットを提供する。自社サイトで選手を取り上げて、応援する取り組みは変えない。

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン