/

この記事は会員限定です

トヨタ系販社最古参ATグループ、解散価値割れMBO成立

[有料会員限定]

トヨタ自動車の大手販売店、ATグループのMBO(経営陣が参加する買収)が24日に決まった。2021年3月に子会社で5千台を超える車検不正が発覚した。情報開示の義務が少なくなる非上場化は、不正行為の再発防止を図る中で不透明な企業統治につながるリスクをはらむ一方、利害関係者を絞りトヨタと歩調を合わせた経営がしやすくなる側面もある。

創業家の山口真史社長が設立した特別目的会社(SPC)がMBOのための...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン