/

この記事は会員限定です

愛知の大規模漏水、田植え直撃 農業用水再開めど立たず

[有料会員限定]

愛知県は19日、大規模漏水によって止まっていた西三河地方の工業用水の供給を段階的に再開した。ただ農業向けに必要な水量は確保できておらず、農業用水の再開のめどは立たない。周辺はコメ農家が多く、平年なら5月末ごろまでに田植えを終える。給水停止が長引けば影響は深刻になる。

漏水があった取水施設「明治用水頭首工」では19日朝までに仮設ポンプを約40台設置。工業用水に必要な水量(毎秒3立方メートル)はほぼ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン