/

この記事は会員限定です

車載電池「カイゼン」で磨く 米自前工場にトヨタの勝算

[有料会員限定]

トヨタ自動車は米国に初めてとなる電池工場を新設する。グループ会社との共同出資会社を立ち上げるが、トヨタの出資は9割で、1割はグループ会社の豊田通商。実質、自前の電池工場となる。電気自動車(EV)シフトが加速するなか、重要市場で電池を外部調達しないのは、電池が今後の次世代車の競争力を左右するとみているためだ。他社任せにせずトヨタ流の「カイゼン」を持ち込み、競争を優位に進める狙いがある。

「装置産業は製造装置を置けばいい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン