/

この記事は会員限定です

名古屋市、「孤独死保険」の費用負担 高齢者の住居確保

(更新) [有料会員限定]

名古屋市は独り暮らしの高齢者が借りやすい民間の賃貸住宅を増やすため、大家が加入する「孤独死保険」の保険料を2022年度から肩代わりする。住人が居室で独りで亡くなると遺体や遺品の片付けが必要になり、入居者も集めにくくなるため、単身高齢者との契約に慎重になりやすい。こうした費用や損失を補う。

賃貸住宅で入居者が部屋内で独りで死亡した場合に清掃や消毒、遺品を整理する費用が大家に発生する。「事故物件」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り813文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン