/

この記事は会員限定です

トヨタ系部品、脱炭素へ加速 豊田合成はCO2半減計画

[有料会員限定]

トヨタ自動車グループの部品メーカーが自社の温暖化ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の取り組みを急いでいる。豊田合成は2030年に二酸化炭素(CO2)の排出を15年度の半分に減らす計画を策定、ジェイテクトも35年に日本や北米で「ゼロ」を目指す目標を定めた。環境対策が自動車メーカーの評価基準になりライバルとの競争で先行する狙いもある。

豊田合成はこのほど、カーボンニュートラル達成に向けた計画をまとめた。CO2排出をこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン