/

トヨタ21年度世界生産、前年度超えも目標900万台割れへ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

トヨタ自動車は18日、2022年3月期(21年度)の世界生産台数が計画していた900万台を下回る見通しだと発表した。半導体の需要が高まり、需給が逼迫しているためだ。2月の生産計画を15万台程度引き下げ70万台規模とすることも明らかにし、3月の生産増では計画の達成が困難になったようだ。21年3月期(818万台)実績を超える可能性は高いが、21年秋以降の減産影響を補い切れなかった。

自動車に加えて、スマートフォンや家電向けで世界的に半導体の需要が高まっている影響を受けた。トヨタは「他から調達する半導体などへの代替についてもさらなる検討を進める」としている。このほか東南アジアで組み電線(ワイヤハーネス)の調達が滞ったようだ。

2月の生産は70万台規模と、21年末までにサプライヤーに通知した従来計画(90万台規模)に2割届かない水準となる。コロナの影響が深刻だった21年は66万台、20年は62万台だった。トヨタは21年9月に22年3月期の生産計画を930万台から900万台に下方修正していた。900万台の達成には3月に100万台超と単月では過去最大の生産が必要で実現は厳しくなった。

トヨタは2月、国内全14工場28ラインのうち、田原工場(愛知県田原市)など8工場11ラインで一時稼働を停止する。高級車「レクサス」やカローラといった車種が影響を受ける。部品不足が深刻だった21年9~10月、トヨタの世界生産は計画に比べ3~4割少なかった。21年11月はほぼ計画通りの82万台にまで回復していた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン