/

この記事は会員限定です

ネクステージ、顧客と生涯取引 営業利益率は競合の2倍

なぜ強い中堅企業解剖(下)

[有料会員限定]

中古車販売大手のネクステージが車検や整備を通じて顧客とつながり続ける収益モデルで業績を伸ばしている。幅広いサービスを提供する「総合店」の展開を2015年に始めたことが奏功し、21年11月期の連結ベースの売上高営業利益率は競合他社の2倍近い4.7%と、15年から3ポイント弱上昇した。

トヨタ自動車が本社を構え、自動車王国といわれる愛知県。幹線道路沿いには、トヨタ自動車やホンダ日産自動車といった各...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン