/

この記事は会員限定です

縮む名古屋のブランドストリート 消える「ハレ」消費

新型コロナ・中部の衝撃 不動産市場に異変㊦

[有料会員限定]

中部地方最大の繁華街、名古屋市中心にある栄の商業施設が転機を迎えている。目抜き通り沿いは新型コロナウイルス禍で来訪者が減り、衣料品店や飲食店の進出意欲が低下した。一方、周辺の居住者を狙った日用品や食料品を扱う企業の出店が相次ぐ。

松坂屋名古屋店や名古屋三越栄店が並ぶ「大津通」は栄を貫くメインストリートだ。百貨店のほかに「グッチ」や「ハリー・ウィンストン」といった高級ブランドが軒を連ねる。富裕層を主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン