/

この記事は会員限定です

沼毅トヨタ紡織社長「スポーツ車用電池を量産へ」

2021年 コロナ下の舵取り 中部企業トップに聞く⑦素材

[有料会員限定]

デンソーアイシン精機など計5社で開発している自動運転車の車内空間のコンセプトモデル『MX191』の次世代版を展示会などで発表する。乗っている人の気持ちをカメラなどで把握し、車内の音楽や照明を変えるといった機能がある。2019年の東京モーターショーに出展したものは試作品に近かったが、より量産段階に近づける。車内の自由度があがる自動運転の普及を見据えて、乗る人が後ろ向きの状態でもエアバッグで守ることのできるシートなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン