/

この記事は会員限定です

協力金なしの時短に不満 愛知のパチンコやゲーセンなど

[有料会員限定]

愛知県は18日、飲食店に対する営業時間の短縮要請を強化した。県内の全飲食店を対象にし、要請する時間も繰り上げたが、同時にミニシアターやゲームセンター、パチンコ店といった業種にも午後8時までの時短の協力を呼びかけた。こうした事業者は飲食店と異なり、時短をしても協力金は支給されない。新型コロナウイルスの影響で客足が落ちる中、感染拡大防止と厳しい経営状況との間で事業者が板挟みになっている。

「複雑な思い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン