/

食事や郵便 オフィス内のロボット配送、名古屋でも実験

NTTグループや日本郵便は18日、名古屋市内でオフィスビル内のロボット配送の実験を公開した。NTTグループは近くの飲食店の食事を、日本郵便は小型の郵便物をそれぞれオフィスに届ける計画だ。2022年6月に開業したばかりで、建物内の人の動きや数をカメラやセンサーで確認するシステムを備えるアーバンネット名古屋ネクスタビルが舞台になった。

NTTグループが導入する配送ロボはDeliRo(デリロ)。スマートフォンで近くの店に注文、決済をするとロボットが受け取りオフィスまで自動で運ぶ。実験は23年2月まで続ける。日本郵便のロボットはRICE(ライス)。地下1階の物流センターから配送先までエレベーターを使って移動、集荷もできる。両社は全国で同様の実験を繰り返している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません