/

この記事は会員限定です

伊勢神宮の人出AI使い配信 適度なにぎわい実現へ

クリック

[有料会員限定]

三重県伊勢市は2020年末、伊勢神宮の混雑状況をインターネットで配信するサービスを始めた。新型コロナウイルスの感染防止対策の一環で、3密を見える化して参拝客の分散を図る。目指す先は「適度なにぎわい」と「安全・安心」の両立だ。新たな観光まちづくりに向け、人工知能(AI)による混雑予測のシステム整備を急ぐ。

おはらい町など内宮の参道沿いの3カ所にAIを搭載したカメラを1台ずつ設置した。市や市観光協会の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン