/

この記事は会員限定です

全トヨタ労連、21年春交渉 ベア統一要求額見送り

(更新) [有料会員限定]

トヨタ自動車グループの労働組合でつくる全トヨタ労働組合連合会(全トヨタ労連)は18日、2021年の春季労使交渉で、基本給を底上げするベースアップ(ベア)相当分について、グループとして具体的な統一金額を掲げない方針を固めた。統一金額を要求しないのは2013年以来8年ぶりとなる。新型コロナウイルス禍による各社の事業環境の差が例年以上に浮き彫りになっていることもあり、統一金額で要求しないこととした。

上部団体や経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン