/

トヨタ、10月も国内全14工場を一時停止 減産の詳細発表

トヨタ自動車は17日、すでに明らかにしている10月実施の減産のため国内全14工場で稼働を一時止めると発表した。最大で11日間稼働を停止する。東南アジアを中心とした新型コロナウイルスの感染拡大で部品不足が続いており、トヨタは世界で10月、従来の生産計画の4割にあたる約33万台(海外18万台、国内15万台)の減産を予定している。

国内14工場28ラインのうち、14工場27ラインが一時停止の対象となる。トヨタは10日に9月の追加減産と10月の減産を発表したが、具体的な稼働スケジュールは精査中としていた。

大型多目的スポーツ車(SUV)の「ランドクルーザー」などを生産するグループ会社のトヨタ車体の吉原工場(愛知県豊田市)の第1ラインは11日間停止する。高級車ブランド「レクサス」の車両を生産する田原工場(愛知県田原市)も一部ラインで最大で8日間の停止を予定する。

トヨタ本体を含むグループ15社の2次取引先までの企業は全国で約4万1000社に及ぶ。トヨタが9月から大幅な減産に入ったことで、主要な部品メーカーもあわせて工場の稼働を見合わせる動きが出ている。11月以降についてトヨタは正常化を目指し、影響の受けている部品の代替調達も進める。2021年度内にもできるだけ挽回したい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン