/

この記事は会員限定です

レクサスすべてEVに、35年世界販売 まず富裕層を開拓

トヨタEVの勝算 キーワード解説③

[有料会員限定]

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が、電気自動車(EV)ブランドに生まれ変わる。2030年には北米、欧州、中国で、35年には世界で、販売する全てのレクサス車をEVにする。EVはバッテリーコストが高く、販売価格を抑えにくいため、高級車の方が消費者に受け入れられやすい。真っ先に全EV化を実現するレクサス。トヨタの電動化戦略の先兵として、まず目の肥えた富裕層から支持を得られるのかが問われる。

「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン