/

三重大元教授3度目逮捕 津地検、診療報酬詐取疑い

(更新)

三重大病院(津市)のカルテ改ざん事件で、部下の元准教授と共謀して病院に診療報酬を不正受給させたとして、津地検は17日、詐欺の疑いで臨床麻酔部元教授、亀井政孝容疑者(54)を再逮捕した。亀井容疑者の逮捕は3度目。また、小野薬品工業(大阪)の薬剤を多数発注する見返りに現金200万円を提供させたとして、第三者供賄罪で追起訴した。贈賄罪で同社社員2人も起訴した。

再逮捕容疑は2019年9月~20年4月、元准教授、境倫宏被告(48)と共謀し、小野薬品が製造・販売する薬剤「オノアクト」を投与したように装い、三重県国民健康保険団体連合会などから診療報酬約80万円を病院に振り込ませた疑い。境被告はオノアクトを使ったかのようにカルテを改ざんしたとして、公電磁的記録不正作出・同供用罪などで起訴されている。

大学設置の第三者委員会によると、境被告はオノアクトを使わずに多くを廃棄。亀井容疑者は第三者委に「廃棄されていたとは知らなかった」と主張したが、地検は、病院関係者の証言などから廃棄を把握していたと判断したもようだ。

一方、追起訴分の起訴状によると、18年3月、オノアクトを多数発注する見返りに、小野薬品から三重大の口座に現金200万円を入金させたとしている。

小野薬品などによると、同社は正式な手順を踏んで奨学寄付金として入金。大学も内部審査を経て受け入れを決定した。

亀井容疑者は臨床麻酔部の医療機器を他社製品から日本光電(東京)の製品に入れ替える見返りに現金200万円を提供させた疑いでも逮捕・起訴されている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン