/

岐阜県がまん延防止要請 飲食店の酒類提供、自粛求める

岐阜県は17日開いた新型コロナウイルスの対策会議で、同日中に政府に「まん延防止等重点措置」の適用を要請することを決めた。適用されれば県内全42市町村を対象に、飲食店に対して営業時間を午後8時までとし、酒類は提供しないよう要請する。

また岐阜県は17日、独自の非常事態宣言を発令した。期限は2月18日まで。県民に不要不急の県外への移動を避け、会食も4人まで2時間以内を目安として大人数による長時間を避けるよう求める。ワクチンの3回目接種前倒しに向けて市町村の接種計画を見直すことなども決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン