/

この記事は会員限定です

三菱地所、名古屋の大型ビル売却 400億円規模

[有料会員限定]

三菱地所が大型オフィスビル「広小路クロスタワー」(名古屋市)を売却することが21日、分かった。買い手はカナダ拠点の不動産ファンド、ベントール・グリーンオーク(BGO)で、金額は400億円規模とみられる。新型コロナウイルス禍のなかでも日本の不動産に関心を持つ海外ファンドの資金が東京や大阪以外にも広がり始めた。

広小路クロスタワーは2018年に竣工し、名古屋駅前と繁華街の栄地区を結ぶ大通り沿いの一等地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン