/

この記事は会員限定です

託すのは親族以外、仲介相談5年で倍増 社員の承継も

中部発スタートアップ点火~老舗継ぐ、若きDNA

[有料会員限定]

事業承継の裾野が広がり始めた。これまで主流だった親族内の世襲や同業によるM&A(合併・買収)だけではニーズを捕まえきれず、従業員や異業種が経営権を取得するケースが相次いでいる。

愛知県の商業施設を中心に、整体院「TAiSEiKAN」を約70店展開するハンズコーポレーション(名古屋市)。社長の青野徹氏(48)は約20年前にアルバイトで入社。8年ほど前に株式を取得後、経営の指揮をとる異色の経歴を持つ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン