/

大垣共立銀・土屋会長のお別れの会、故人をしのぶ

11月に74歳で亡くなった大垣共立銀行土屋嶢会長の「お別れの会」が17日、岐阜県大垣市のホテルで開かれた。地元の政財界などから約3800人が参列。「脱銀行」を標榜して全国初の銀行サービスを相次ぎ打ち出し、アイデアマンとして知られた故人をしのんだ。

岐阜県大垣市で開かれた土屋嶢氏のお別れの会

土屋氏は富士銀行(現みずほフィナンシャルグループ)を経て、1977年に大垣共立銀に入行。93年に当時の地銀で最年少となる46歳で頭取に就き、2019年まで26年間にわたってトップを務めた。頭取時代にはATMの365日稼働やドライブスルー型店舗など革新的なサービスを全国に先駆けて導入した。

お別れの会には岐阜県の古田肇知事、大垣市の小川敏市長らが参列した。ライバル行としてしのぎを削った十六銀行の村瀬幸雄頭取は「地元のためにお互い切磋琢磨(せっさたくま)してきた。残念な気持ちでいっぱいだ。冥福をお祈りしたい」と答えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン