/

この記事は会員限定です

名古屋市、東京・大阪より多い下水処理センター 集約

(更新) [有料会員限定]

名古屋市は市内15カ所の汚水処理センターを最少で8カ所にまとめる。老朽化が進んでいるうえ、増え続けてきた市の人口も2023年を境に減少に転じるとみられ効率化を急ぐ。集約先では悪臭対策が欠かせない。22年度中に設計作業を始め具体的な計画づくりは大半がこれから。住民から理解を得られるか課題だ。

汚水処理センターでは市内の一般家庭や商業施設、工場からの排水を集め、汚れを取り除いて川に流している。市は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン