/

この記事は会員限定です

バス路線見直しや避難情報発令、新興のAI活用 名古屋市

[有料会員限定]

名古屋市は市バス路線の見直しや避難情報の発令に、スタートアップのAI(人工知能)を活用する。これまで乗降データの正確な把握や、天候など多様な情報を収集することは、市単独では難しかった。まず実証実験として民間の技術を導入し、課題解決につなげる。

市バスは均一運賃制で乗車時に料金を払うため、乗客がどこで降りたかのデータは取れなかった。バスの扉近くにAIカメラを設置し、各バス停での乗降人数をカウントする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン