/

三十三FGのビジネスコンテスト、最優秀にウガンダ人

三十三フィナンシャルグループと三重県中小企業家同友会は「33FGビジネスプランコンテスト」の入賞者を決め、17日に三重県四日市市で表彰式を開いた。一般の部の最優秀にあたるグランプリには、同市在住でウガンダ出身のヒゲニ・イスマイル・ワムサンゴさんによる、食用花ナバナを育苗から出荷までを一貫した取り組みを選んだ。

学生の部の最優秀賞には、佐々木大樹さんをはじめ中部大学の学生が提案した、移動販売などでメーカーや小売店の食品ロスを減らす活動を選んだ。一般と学生を合わせて85件の応募があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン