/

この記事は会員限定です

トヨタ、発売8カ月前に新車情報 納期延び販売店に配慮

[有料会員限定]

トヨタ自動車は新型コロナウイルスの感染拡大や半導体不足の影響で新車の納期が長期化していることへの対策を急いでいる。車種によっては発売の8カ月前までに新車情報を前倒しで伝達するようにし、全国販売店と情報共有のための定例会議を立ち上げた。半導体不足などが響き新車の供給が不安定な中、顧客つなぎとめに知恵を絞る。

全国一律で状況説明

新車情報は従来、発売の2~3カ月前に販売店に伝えていたが、「今は車種の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン