/

この記事は会員限定です

植物由来の繊維を車部品に トヨタ系、名古屋大学と研究

[有料会員限定]

トヨタ自動車系の部品メーカーの豊田鉄工(愛知県豊田市)は名古屋大学と植物由来の繊維を開発する共同研究を始めた。サトウキビの仲間にあたる近縁種の茎から、車の樹脂製品に混ぜるガラス繊維に代わる「セルロースナノファイバー(CNF)」を取り出す。2024年までに製品化のメドを立て、温暖化ガスの排出削減に貢献する。

CNFの抽出元として、高さ4~5メートルのイネ科の植物「ソルガム」を使う。ソルガム由来の繊維を車部品に混...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン