/

この記事は会員限定です

介護給付増の抑制 愛知・大口町がトップ、運動促し対策

データで読む地域再生

[有料会員限定]

東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)は2018年度の高齢者1人あたりの介護給付費が01年度と比べて、全県で全国平均(46%)を超える増加率を示した。圧縮が求められる給付費の増加率は、最も低い愛知県で全国27位(54%)。三重県は40位(63%)、静岡県は41位(64%)、岐阜県が42位(64%)と厳しい結果になった。

データで読む地域再生

4県の市町村別にみると、給付費を減らした自治体はゼロだったが、増加を抑えられたのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン