/

メニコン、本社隣の複合ビル23年開業 拠点を集約

コンタクトレンズ大手のメニコンは16日、2023年3月に名古屋市中区の本社隣にオフィスや劇場、飲食店をあわせた複合施設を建てると発表した。地上9階、地下1階建てで半分がオフィスとなる。名古屋市内に分散するメニコンの事業所や4つの子会社を本社周辺に集め、意思決定を早められる環境を整える。

メニコンの新しい複合ビルには劇場やオフィスが入る

9月に入って着工しており、延べ床面積は5600平方メートルを超す。演劇公演にも使える「メニコンAoiホール(仮称)」をビル内に設け、地域の芸術や文化の発信拠点を目指す。12年には音楽公演ができる多目的ホール「HITOMIホール」を新設した。2つのホールはメニコンが16日に設立した一般財団法人メニコン芸術文化記念財団が運営する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン