/

この記事は会員限定です

高齢者接種あと一押し 中部の自治体、訪問や送迎を支援

[有料会員限定]

新型コロナワクチンの接種会場に行けない高齢者を支援する動きが中部地方の自治体に広がっている。訪問接種や会場への送迎、予約の手伝いに取り組む。中部3県の1回目接種率が8割を超えるなか、あと一押し広げることで高齢者の重症化を抑える。

「今日は2回目を打ちますね」。7月上旬、名古屋市のサービス付き高齢者向け住宅に住む大島三佐子さん(85)の部屋を医師と看護師が訪れた。氏名などを確認したうえでワクチンを接...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン