/

この記事は会員限定です

トヨタ、6月に2回目のサステナ債 発行枠3000億円

[有料会員限定]

トヨタ自動車が6月、環境や社会の課題解決につながる事業に使途を限定する社債「サステナビリティー債」を発行予定であることがわかった。16日、関東財務局に書類を提出した。2021年4月に最大で3千億円の社債を発行できる枠を確保しており、起債できる中身をトヨタのサステナ債の愛称「ウーブン・プラネット債」に改めた。

具体的な金額や発行日、利回りは今後詰める。5年債と10年債を用意し、先進安全技術や電気自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン