/

この記事は会員限定です

トヨタの販売台数、車種で明暗 ハリアーは6.8倍に

全車種併売から1年

[有料会員限定]

トヨタ自動車の販売戦略が転換期を迎えている。トヨタがすべての店舗で「全車種併売」を始めて5月で1年となる。「CASE」と呼ぶ革新的な技術・サービスの波や消費者の多様なニーズ、人口減による市場の変化にいかに対応し、トヨタや全国約5千店の販売網は変わっていくのか。最前線を追った。

日本経済新聞社が集計したところ、全車種併売から1年で「ハリアー」の販売台数が6.8倍、「アルファード」は2.4倍に急増したことが分かっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン