/

この記事は会員限定です

三重県「鈴鹿市伝統産業会館」 伝統の型彫りを体験

Welcome to

[有料会員限定]

三重県鈴鹿市の伝統工芸「伊勢型紙」は小紋や友禅などの図柄を着物の生地に染めるのに使われる。1000年の歴史を持ち、江戸時代に花開いた。鈴鹿市伝統産業会館は地元の伊勢形紙協同組合が指定管理を受けて運営する。

しおり彫刻やハンカチ染めなどの「体験メニュー」をそろえる。親子で参加できるコースは15分~30分で、和紙に描かれた三角や四角の図柄の線に沿って小刀の刃先を動かす。「切り絵の世界に近く、趣味で伊勢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り300文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン