/

この記事は会員限定です

中部の消費者、手料理志向 関連商品が全国平均超え

[有料会員限定]

中部地方の消費者は手料理志向――。調査会社のインテージ(東京・千代田)がまとめた2020年の店頭販促データによると、愛知、岐阜、三重、静岡の4県では調理用の水切り袋や、だしを取る煮干しの販売が全国平均を上回った。半面、ヒット商品の売れ行きは下回り、流行に比較的冷静な姿も浮かび上がった。

1~10月に4県のスーパーマーケットやドラッグストアといった約300店で、前年同期に比べ販売が増えた商品群を抽出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン