/

この記事は会員限定です

苦肉の外食、席なし「ゴースト店」に活路 宅配向け

[有料会員限定]

中部の外食各社が看板や客席のない「ゴーストレストラン」を相次いで開いている。宅配と持ち帰りに特化した調理施設だけの業態で、初期投資は通常店舗の2割程度で済むという。ネット上では専門ブランドが多く立ち上がるが、巣ごもり消費で消費者の選別が今後本格化しそうだ。

居酒屋「芋蔵」を展開するジェイグループホールディングス(HD)は2020年12月から、休業中の店舗を活用してゴースト事業に参入した。名古屋市に加え、2月から愛知県豊田市と豊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン