/

この記事は会員限定です

川合尊日特社長「案件開拓、カンパニー裁量で機動的に」

2021年 コロナ下の舵取り 中部企業トップに聞く⑨新興協業

[有料会員限定]

「4月、事業部制から社内カンパニー制に移行する。各カンパニーの権限や裁量が大きくなり意思決定も迅速になる。新規事業の立案やM&A(合併・買収)を手掛ける『イノベーション推進カンパニー』は数百人規模で発足する。自らの裁量で出資額を増やしたり、従来1~2日かかっていたような手続きがなくなったりするケースが増えるはずだ。当社の成長に不可欠なスタートアップ(SU)とは積極的に手を組みたい」

「2020年は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン