/

豊田通商、温暖化ガスの算出サービス 月数千円から

豊田通商は15日、温暖化ガスの排出量を算出し可視化するサービスを提供すると発表した。スタートアップのゼロボード(東京・港)と協業し、同社が手掛ける算出用のクラウドサービスを豊通の顧客に提案する。環境対策が急務になっている中部圏の自動車関連企業を中心に需要を見込む。

ゼロボードは電力使用量などのデータから温暖化ガス排出量を算出できるクラウドサービスを提供している。算出したデータの共有機能があり、自社だけでなく供給網全体で排出量を管理しやすいという。料金は1拠点あたり月数千円からと低く抑えることで、中小企業も導入しやすくした。

豊通は取引先の自動車関連メーカーを中心にサービスを提案し、排出量の算出や可視化を支援する。その上で豊通の持つ再生可能エネルギーの導入など、排出量の削減策を提供して自社事業を拡大したい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン