/

この記事は会員限定です

近鉄、QRコード改札稼働「MaaSサービス」訪日客を視野

[有料会員限定]

近畿日本鉄道は17日、名古屋駅から三重県の伊勢志摩との区間を対象に、スマートフォンでQRコードを改札機にかざして使う「デジタルきっぷ」の運用を始めた。移動手段の検索から予約、決済までスマホ上でまとめてできる「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス、マース)」につながる取り組みだ。

関西でQRコード改札機を実用化した私鉄は近鉄によると初めてといい、中部3県でも珍しい。「デジタルきっぷ」は4種類...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン