/

この記事は会員限定です

コロナでマイカー通勤、朝夕渋滞再び 「乗り継ぎ」課題

NAGOYA街づくり考 第2部 住めば都を極める㊦

[有料会員限定]

新型コロナウイルスは中部の交通事情を変えた。公共交通を避ける人が増える一方で、マイカー通勤が広がる。同時に、渋滞の解消や快適な移動を目指し、自動車に頼りすぎない「次世代移動サービス(MaaS、移動手段のサービス化)」の実証実験が活発になっている。住みやすさに直結する通勤や交通の新常態を探った。

「感染のリスクが低く、通勤が楽になった」。名古屋市内のスタートアップで最高財務責任者(CFO)を務める男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1887文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン