/

トヨタ、国内1工場を一部稼働停止 半導体不足で8日間

トヨタ自動車は15日、半導体不足の影響で国内1工場の一部を3月下旬に停止すると発表した。稼働を止める期間は8日間。子会社のトヨタ車体(愛知県刈谷市)の富士松工場(同)で、ミニバンの「ノア」「ヴォクシー」を生産しているラインを22~25日、28~31日に停止する。約1万4千台の生産に影響がでる。

トヨタは3月1日、主要サプライヤーの小島プレス工業(愛知県豊田市)がサイバー攻撃を受けた影響で、国内全工場(14工場28ライン)の稼働を停止した。3月下旬の稼働停止と、サイバー攻撃に関連性はないとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン