/

この記事は会員限定です

岐阜・高山は生活費を支援 東海4県、職人確保に苦慮

データで読む地域再生 東海

[有料会員限定]

東海4県では多くの伝統工芸品が職人確保に苦慮している。伝統行事の衰退や生活様式の変化で需要が減り、なり手が育たないまま高齢化が進む。歯止めをかけようと岐阜県高山市は修業期の生活費を支援し、名古屋市はインターンシップ制度を取り入れて後継者を発掘している。

2022年2月時点の伝統工芸士の数は17年と比べ、愛知県が8・5%増となった一方、三重県、岐阜県、静岡県はいずれも2桁減少した。

四畳ほどの一室...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン