/

この記事は会員限定です

愛知漏水1カ月、工業用水5割抑制続く 本格復旧には時間

[有料会員限定]

愛知県豊田市の矢作川にある取水施設で発生した大規模な漏水事故が公表され17日で1カ月。仮設ポンプで水をくみ上げる応急措置が続き、周辺では工業用水は従来の5割、農業用水は3日おきと給水制限が長引いている。主要メーカーは井戸水などで対応中だ。関係者はポンプなしで取水できるよう工事を進め、7月下旬にも例年並みの取水を目指している。

漏水が起きた取水施設「明治用水頭首工」から自動車関連メーカーを中心に1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン