/

この記事は会員限定です

愛知商業地「錦2」11%上昇 基準地価、コロナ前超え

[有料会員限定]

国土交通省と愛知県が発表した2021年の地価調査(基準地価、7月1日時点)によると、愛知の商業地は2年ぶりに上昇した。名古屋市中心部のオフィス街では上昇率が10%を超えた場所もあり、新型コロナウイルスが流行する前の水準を上回る地点も目立った。コロナ後を見据えた投資意欲は根強く、地価の回復基調が強まっている。

愛知の商業地は20年比で1.0%上昇した。継続調査した267カ所のうち、上昇は全体の34%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン