/

この記事は会員限定です

名古屋地下鉄の新駅構想、「乗客6000人増」採算へ高い壁

[有料会員限定]

名古屋市営地下鉄東山線の名古屋―伏見駅間で長年構想されていた「柳橋駅(仮称)」の実現を探る動きが表れてきた。市は今春、名鉄名古屋駅の再開発といった周辺の動きを踏まえて、2024年度までに方向性を決める方針を示した。市によると新駅の開業によって東山線の乗客を1日あたり6千人増やすことが採算ラインながら、達成の見通しはたっていない。

柳橋駅が計画されている名古屋―伏見駅の中間地点には、もともと駅がつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン