/

この記事は会員限定です

愛知のまん延防止、名古屋対象に 他地域は「状況注視」

[有料会員限定]

愛知県の大村秀章知事は14日の記者会見で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた措置を取れる「まん延防止等重点措置」について名古屋市を適用区域にする方針を表明した。適用区域の飲食店には午後8時までの時短営業を要請し、応じた店舗は1日あたり4万~20万円の協力金を支払う方針も示した。

大村氏は13日に重点措置の適用を政府に要請する方針を明らかにし、国に伝達した。国から重点措置の適用を受けた都道府県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン