/

この記事は会員限定です

テスト飛行3900時間 日の丸ジェット、事業化凍結

データで読む愛知~2020年回顧

[有料会員限定]

三菱重工業は今秋、国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ、旧MRJ)」の事業化凍結を決めた。当初は2013年の初号機納入を目指していた。度重なる設計変更で納期を6度延ばした矢先に、新型コロナウイルス禍で航空需要が蒸発。開発はさらに遅れ、開発費も計画の1500億円程度から1兆円規模に膨らんでいる。

スペースジェットは事業化が凍結される

迷走ぶりは、試験飛行の長さが端的に示している。新たな航空機は国から商業運航に必要な認証(型式証明)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン