/

この記事は会員限定です

コメダHD、純利益2.2倍 3~5月既存店売上高19年並み

[有料会員限定]

コメダ珈琲店を運営するコメダホールディングス(HD)が14日発表した2021年3~5月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比2.2倍の13億円だった。新型コロナウイルス感染が急拡大した前年同期に比べると客足が回復。営業時間を短縮して自治体から受け取った協力金も利益を押し上げた。

「コメダ珈琲店」はフランチャイズチェーン(FC)店が中心で、コメダHDは食材を提供している。既存店向け食材卸売上高は37%増えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン