/

この記事は会員限定です

リネットジャパン、カンボジアに合弁会社 6月にも

[有料会員限定]

リサイクル大手のリネットジャパングループは14日、カンボジアでデジタル通貨の関連事業を担う新会社を6月をめどに立ち上げると発表した。フィンテック技術に強いスタートアップ、ソラミツ・ホールディングス(スイス)との合弁で、店舗での決済や個人間送金などができるアプリの提供を目指す。カンボジアでは中古車事業などを手がけており同国での収益を広げる。

新会社の資本金は10万ドル(約1090万円)。リネットが8割、ソラミツが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン