/

この記事は会員限定です

新生アイシン、最高益予想も募る市場の不安

名古屋支社 藤岡昂

[有料会員限定]

アイシンへの株式市場の視線が厳しさを増している。世界の自動車部品メーカーで売上高5位、2022年3月期純利益は過去最高になる見通し。にもかかわらずトヨタ自動車グループの部品「御三家」と比べても株価指標や値動きは見劣りする。電気自動車(EV)の普及とエンジン離れへの不安を象徴する位置づけになっている。

アイシンはパワースライドドアやサンルーフ、電子部品を手掛けるアイシン精機が、エンジン車やハイブリッド車(HV)向け自動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン